外壁塗装でもっと快適マイホーム

外壁塗装の情報はここから!

外壁塗装には保証されている対象があります

外壁塗装には保証されている対象があります 外壁塗装の保証にはいくつか種類があり、大きく分けて自社と団体・組合があります。
自社の場合、外壁塗装業者が自社で運用していて、オリジナルとも呼ばれます。
定期的に外壁をチェックしたり、補修が必要かどうか確認してくれる業者もいます。
自社は業者によっては対象などにばらつきがあり、対象をきちんと確認しておくこと良いでしょう。
団体・組合の場合、外壁塗装業者が加盟する団体や組合などの制度を利用することができる仕組みです。
万が一外壁塗装業者がなくなったとしても、業者が加盟していた団体や組合などの保証を利用することができます。
消費者にとっては安全な制度で、組合や団体は外壁塗装業者に関して第三者機関がチェックし、証明書を発行しているので信頼することが可能です。
いろいろな団体や組合があるので、施工業者に加盟団体を聞いてみて確認することをおすすめします。
基本的に保証部分に関して壁の塗装のみに限定されていることが多く、外壁から塗料などが剥がれ落ちることはほとんどなく、剥がれ落ちるようなトラブルが発生するのは木や鉄など部分が多いからです。
木と鉄部も対象になっているなら良い商品になるでしょう。
一般的に塗膜の剥がれのみに対応しているものが多く、外壁は日光などによる変色が避けられないので、色の変化などは範囲外になるケースが多いです。

外壁塗装の保証内容や期間は業者によって異なる

外壁塗装の保証内容や期間は業者によって異なる 外壁塗装を業者に依頼する時、費用だけで選ぶ人というのは少ないのではないでしょうか。
もちろん、安ければ安いほうが良いと感じる人もいるでしょうが、安かろう悪かろうという言葉もあります。
安いとは言っても、費用はかかるわけですので、業者を選ぶ時には費用だけではなく保証内容についてもしっかりと確認することをおすすめします。
外壁塗装の保証は塗装業者・第三者機関・塗料メーカーの3つに分ける事が出来ます。
なお、期間については3年から10年を設定しているところが多いですが、使用した塗料によっても異なる可能性がありますので、注意が必要です。
保証内容と同じく確認するべきこととして、免責事項があります。
これは、責任を問わない旨を定めたもので、経年劣化や建物主の使用上の誤りによるもの、自然災害や公害などの外部要因によるものなどが挙げられます。
特に災害については誰もが予見することが出来ないものであるということもあり、対象とならないことに憤りを感じるかもしれませんが、不安な場合には別途保険に加入することで補修費用の負担を少なくすることが出来るかもしれません。
分からないことや不安に感じる事があれば、塗装を依頼する前に確認をしましょう。

外壁塗装の必要性の判断基準は?チョーキング現象をチェック

新築で建てたマイホームは10年以上経過したら、外壁塗装を検討しましょう。塗装には建材を雨や紫外線などから保護する役目がありますが、そのバリア機能は年数が経つにしたがって失われていきます。そのまま放置すると建材が劣化し、住宅の寿命を縮めてしまう恐れがあるのです。
外壁塗装をすべきかどうかを判断する際、いくつかのチェックポイントがあります。まず、外壁に亀裂やひび、腐食がないか見てみましょう。目視でこれらの状態が見つかったら塗り替えのサインです。このほか外壁を指で触ってみて白っぽい粉が付いたら、「チョーキング現象」と呼ばれる劣化の兆しです。うっすらと白い粉が付く程度ならまだ大丈夫ですが、真っ白になるようだと早めに外壁塗装を行う必要性があります。このほか雨の日に水がかかって変色するようなら塗り替えを考えるべきです。外壁塗装をする場合は、屋根の塗装も検討してはいかがでしょうか。別々に行うよりも総費用を抑えられる可能性があります。

外壁塗装を行う時期はいつが良いのかは塗料の性質を考えれば分かります

外壁塗装は基本的に1年を通じていつでも行うことができる外壁リフォームです。但し、塗料を塗る時には雨が降っていると施工ができません。これは油性や水性などに関係なく、塗装を行った後に乾燥させなければならないためです。小雨程度の雨でも、数時間後に晴れ間が訪れる時などは施工ができても、天候が悪化する可能性がある時などは外壁塗装が延期になることも少なくありません。
さらに、外壁塗装中は窓ガラスに塗料が付着すると困るので、窓ガラスにはビニールシートを貼り付けることになります。ビニールシートはガラス全体だけでなく、外枠部分にテープで固定してしまうため、施工が終わるまでの間は基本的に窓の開け閉めができません。外の風を取り入れたい季節などは少々不便さを感じるなどからも、雨が少なく窓の開け閉めが少ない時期を選ぶのがお勧めです。ちなみに、梅雨時期などの場合は、工事が延期になり4週間ほど掛かることもありますが、雨が少ない時であれば2週間ほどで完了するなどの違いもありまうs。

外壁塗装は塗料によって耐用年数が変わってきます

外壁塗装の一般的な耐用年数は約10年?20年程度とされていますので、このあたりを目安にして診断を受けて塗替えするのがおすすめです。
ここで塗替えした塗料によって次に塗装を行なう際の耐用期間が変わってくるのが特徴です。ウレタン塗料の場合は伸縮性に優れており、塗膜の光沢があるのが魅力ですが、この場合の耐久期間は8年?10年とされています。シリコン塗料の場合はコストパフォーマンスに優れており人気も高い素材であるのが特徴で、期間は10年?15年が目安となっています。またラジカル塗料の最新の塗料であり、比較的長持ちでありながらも低価格というのが魅力で、年数は15年前後というのが特徴です。フッ素塗料も耐用期間が非常に長い事がメリットで、メンテナンスの手間もあまりかからないのが魅力です。その耐用期間はおよそ15年?20年となっており、外壁塗装の中でもトップクラスの耐久性を誇っています。このように色々な種類がありますので、用途などに応じて選択するのが良いでしょう。

外壁塗装で人気のシリコン素材のメリットとは

外壁塗装のリフォームなどで、塗装会社の方から近年はシリコン塗料をおすすめされるケースが多いようですが、一体どのような特徴やメリットがあるのでしょうか。
この素材は塗料に樹脂や顔料が含まれているタイプで、水やシンナーといった希釈剤を混ぜて使用するのが特徴です。耐用年数も比較的長持ちしますし、価格面でもそれほど高額ではありませんので、総合的な観点からみると非常にメリットが多い素材だといえます。そしてシリコンの塗料のメリットとして挙げられるのが、仕上がりが光沢感のある雰囲気になるという点です。さらに耐久性も高い部類となっていますし、コストパフォーマンスにも優れているのが人気の理由でもあります。外壁塗装というのは一度リフォームを行なっても、メンテナンスなどをする必要がありますが、この素材の場合はそれらがあまり必要ありません。外壁や屋根といった塗装で使用されてきた実績も長いので、各塗装会社からの信用度も高いので、すすめられる頻度も高くなると言えそうです。

劣化した部分の外壁塗装を行うことも重要になる

建物を直すことも重要になるため、劣化した部分の外壁塗装を行うことをおすすめします。足場を作って、まとめて作業を進めていくのが費用的にも難しいと感じる方は、劣化した部分のみを対応してもらうなど、予算内でできることを考えて進めていくことも大事なポイントです。
いたんでいる箇所の補修や外壁塗装を進める際に、足場を使う以外にも、高さ調整ができる作業車を使うことで、補修したい部分まで伸ばしていき、スタッフが作業を進めていくことができます。塗装を行うときに作業者を使うケースもあるため、見積もりを出してもらい、気になる箇所のみ直してもらうことを考えていくことも大事なポイントです。相談しやすいスタッフを見つける事で、見積もり結果を見ながら予算内で進めることができるとわかったときに安心感を持てます。仕事で使う作業場など、定期的に状態をチェックしながらいたんでいる箇所を直すことを考えていくことも重要になります。

もっと外壁塗装の情報を探すなら

外壁塗装